人工妊娠中絶手術

当院では人工妊娠中絶手術のご予約を受け付けています。 お忙しい方や遠方からの方には「初診日当日の手術」も可能です。

日本では「母体保護法」という法律で、妊娠21週までは人工妊娠中絶が認められています。
この手術ができるのは、「母体保護法で認定を受けた施設」に勤務する
「母体保護法指定医師」だけで、どちらの資格がなくてもできません。
当クリニックは両方の資格があるので安全な手術が可能です。

TEL : 092-521-7500
お申し込みフォーム : こちらをクリックして下さい。

[持ち物]
問診票
人工妊娠中絶同意書(成人されている方)
人工妊娠中絶同意書(未成年の方)
上記、問診票と同意書をご自身でプリントしていただき、
ご記入の上、来院当日必ずご持参ください。
ご本人とお相手の方が一緒にご来院下さる場合には、
同意書は当日ご来院の上での記載でもよろしいです。
費用(福岡市医師会規定料金)と生理用品です。

人工妊娠中絶について

望まない妊娠をした場合、人工妊娠中絶手術というのも一つの選択肢です。
お腹に宿った命は、あっという間に成長しますので、
出産を希望しない場合は早めに産婦人科へ相談するのが得策です。

中絶手術について

中絶手術には、現在次の3つの方法があります。

*妊娠3ヶ月まで (妊娠初期11週6日まで)
・掻爬(そうは)術
子宮口を広げ、胎盤鉗子で掻爬術を行います。全身麻酔で行います。
・吸引法・吸い出し
吸引キュレットと呼ばれる掃除機のような専用器具を子宮に入れ、
胎児と付属物、子宮内膜を吸い出します。
費用:7〜12万円(妊娠8週+6日まで)、16万9,500円(妊娠9週以降)
入院期間:基本的に不要

*妊娠4ヶ月以降 (妊娠初期12週0日〜 21週6日まで)
・分娩方式による手術
ラミナリアという海藻の茎を挿入し、子宮口を開きます。
子宮口が開いた状態でプレグランディンという陣痛促進剤を分娩に
到るまで3時間おきに膣内に挿入します。
費用:分娩費用となります+埋葬料
(時間外、深夜は別途費用が発生いたします)
入院期間:3日〜4日

[中絶費用について ]
中絶手術には、基本的に保険が適用されません。
そのため、高額な費用が必要となります。
上記費用には、診察代、薬代も含まれております。
中期中絶費用の場合は、死亡届作成費や胎児の火葬料金も必要となりま
すので、金額についてはお尋ね下さい。

[中絶手術の注意点]
・手術当日は絶飲食(お水も飲まない)でご来院下さい。

TEL : 092-521-7500
お申し込みフォーム : こちらをクリックして下さい。

ページトップへ戻る